こんにちわ!東ゼロです(・ω・)ノ

 

ホリエモンの多動力について書評を書いてみます。

Lets’ do 初書評 (*・ᴗ・*)و!

 

東ゼロが多動力を読もうと思ったきっかけ

 

社会人生活でドン詰まりにはまっているときに、本屋で『多動力』の

表紙と帯をみてなんか知らないんですが”ビビっときた”のが切っかけです。

多動力から何かしら私のような人間を引き付ける電波のような物が出ていて

その電波の波長が私の波長と合致したのかもしれません(;^ω^)

 

私の所有しているホリエモンのkindleコレクション

 

多動力を機にむさぼるように読んでたら、他の書籍も読みたくなってきて

いつのまにか12冊も読んでました( ̄▽ ̄)

 

また別の記事で書く予定ですが『ゼロ』は全方位的にお勧めできる作品です。

『好きなことで生きていきたい』と思っている方は多動力から読んでみること

個人的には少なくとも『むだ死にしない技術』よんで(読まなくても)

ピロリ菌の検査だけは受けていただきたいところですね( ゚Д゚)

 

それでは前置きはここらで本題です(・ω・)ノ

 

多動力はどういう人が読むべきか?

 

全人類が読むべき本です (*・ᴗ・*)و

いやさすがに冗談ですよ(;^_^A

特にお勧めするのは以下のような方です。

 

多動力を特にお勧めする人

 

1.会社での人間関係に疲弊して心身ともにズタボロになっている人

2.毎日残業ばかりで考える時間もなく身体と精神の不調をきたしている人

3.休職、休学、不登校などが原因で将来の先行きの見えない人

4.妻・夫の無理解で独立に対して踏みとどまっている人

5.世の中の全てに対して絶望している人

 

この5つの項目の中で1つでも当てはまってたら重症です。

処方箋は『多動力』なのでお近くの書店または、Kindle Store

または心療内科へ!(∩゚ー゚)∩

 

多動力を読んだ感想

 

まず一言で感想を言うと単純に『本として面白い』です。これは非常に

重要なことだと思います。人間関係に擦り切れてしまった人や、

残業で身体・精神が限界にきているような人は難解な書籍は脳が

拒否反応を起こすので、内容が入ってきません。

 

東ゼロの別の記事でも書いてますが(⇒ こちら )疲れ切っている人って

『面白いもの』以外は脳みそに入ってこないんです。その点で言うとホリエモンの

多動力は圧倒的に読みやすく分かりやすく、そして生きることに対しての

希望が持てるような内容になっています。

 

疲弊しきった脳みそには、まるでサハラ砂漠に水をかけたがごとく

すんなりと吸収してくれると思います。『ゆるやかな自殺』から

自分自身を助け出すための脳の自己防衛本能なのではないかな

という気すらします。※さすがに表現が大仰すぎるかなΣ(・ω・ノ)ノ!

 

時間のない大人のための『多動力』サマリー

 

1.三つの肩書を持てばあなたの価値は一万倍になる

一つのことを極めるのに1万時間かけるよりも、三つの分野に1千時間かけるほうが、

他者との差別化が容易である。その思想は”複数の肩書きを掛け算し、

レアな存在になろう。”に表れている。

この辺りの説明は藤原和博氏の以下の講演会の内容が分かりやすいです(・ω・)ノ

 

「100人に1人×3分野」で、誰でも100万に1人になれる

みなさんもぜひ、今の分野でそのまま走って1万人に1人、100万人に1人を目指すより、3つの分野のキャリアを掛け算して100分の1×100分の1×100分の1の掛け算で100万分の1の希少性あるキャリアを創ってみてください。だいたい1つの足場作りに1万時間(5〜10年)かければ、誰でもできることですから。例えばお笑いの世界をやった人が次に美容師になれば、お笑い美容師でしょ。これなら絶対に1万人に1人の希少な存在になれると思う。

出典  藤原和博氏「稼ぎたければレアカードになれ」

 

2.『多動力』を妨げるのは周りの目である。

 

他人からどうみられているだろうか?恥ずかしい。といった感情が一番の障害となる。

恥をかく勇気、失敗する勇気さえ持てば、どんどん免疫ができてリスクを取ることを

恐れなくなる。この勇気を持つことが大事なのだ。

 

3.見切り発車は成功のもと

 

小利口になって準備に時間ばかりかけても意味はない、それならばむしろ

見切り発車で走りながら考えた方が良い。

 

4.飽きっぽい人ほど成長する

 

飽きるということは慣れて余裕ができたということ、飽きやすいということは

成長が早いということである。100点満点を達成するまでには膨大な時間が

かかるが、80点までウサギの速さでかけぬけられる。ある程度ハマれば

大半の知識は習得できるので、80点を取ったら次に進もう。

 

5仕事の質は睡眠で決まる

 

一日最低6時間。可能であれば8時間の睡眠を取ろう。

睡眠の質によって日中のパフォーマンスが大きく変わる。

6.小利口はバカには勝てない

 

小利口な人間があれこれ考えて行動しない間に、バカが手をあげて

チャンスをものにする。結局は旗振り役の『言い出しっぺ』が一番貴重。

彼らがいなければプロジェクトが始まらない。一旦プロジェクトが

始まれば必要なスキルをもった人間が自然と集まってくるものである。

 

 

多動力とR25の対談が笑えるのであわせて

こちらも併せてご覧ください(・ω・)ノ ⇒ こちら

 

更に時間の無い方はR25対談のサマリ版の

私の記事をご覧ください( `ー´)ノ ⇒ こちら

 

おわりに

 

ここまで読んでくれてどうもありがとうございます<(_ _)>

未読の方はぜひkindleストアかAmazonで注文してみてください。

 

Amazonはこちら ⇒ 多動力(書籍版)

Kindle版はこちら ⇒ 多動力(Kindle版)