東ゼロが過去に使っていたTOEICの学習道具を振り返ります。

 

10年~15年前くらいに英語を勉強していた方にとっては

懐かしい名前の参考書や問題集も多いかと思いますし、時間を

無駄にしないために、しなくてもよい『非効率』な勉強方法も書いております。

 

※画像が粗いのは10年前のコンデジまたは携帯カメラだからです。ご容赦を<(_ _)>

 

それではスタート( ̄▽ ̄)

 

リーディング関連の学習教材

※東ゼロが当時学習していた教材です

 

文法編

 

まず長本吉斉さんの『急所・鉄則』TOEIC文法みて懐かしいと思われた方

多いんじゃないでしょうか?( ̄▽ ̄)

あと、TOEFLの参考書なんかで勉強していただようです。

 

当時の主要な英語学習サイトおよび2ちゃんの英語板では

鉄板と言われていた参考書です。

口語体の文体と妙なカリスマ(?)で人気を博していました。

 

2017年現在は、TEX加藤さんの『でる1000』とかがより短時間で効率的に

学べるということで人気のようですね。

 

 

長文編

 

まったく優しくないことで有名なやさビジ(やさしいビジネス英語)を勉強して

ました。これ今思うと負荷きつ過ぎてTOEIC 950点台以降の人じゃないと

意味ないなと思うんですよね( ;´Д`)

 

例えば10キロのダンベルでトレーニングしている人に、いきなり

50キロのダンベルでトレーニングさせるくらい非効率です。

 

10キロのダンベルしか持ち上げられない人には、まずちょっと

負荷大きめの20キロ程度で鍛えてもらう方が効率良いでしょう。

当時の私は、意識高いところあったので理解できないなりにわりと

頑張って取り組んでましたね(・ω・)

 

当時は英語学習の主要サイト、2ちゃんでは人気な教材でした。

当時から『どこがやさしいんじゃ!』って意見はありましたけど笑

アフターTOEICの世界の学習本ですね!

 

あとは、辞書を何回も引きまくらなければいけないので超非効率ですが、

学生時代は人生の師と仰いでいた村上春樹さんの『ノルウェイの森』の

英語版を頑張って読んでいたようです。

 

英単語

 

速読・速聴英単語を学習していました。おぼろげな記憶ではありますが、

たしかまだDUO3.0がTOEICの単語学習帳としては人気でした。

ただ、まだコレをやればOKという単語帳はなかったはずです。

 

2017年現在ではTEX加藤さんの『金のフレーズ』を学習しておけばおk

ということなので、学習者にとては学習教材に迷う時間が減るので良い時代

になりましたね( ̄▽ ̄)

 

リスニング

 

※鈴木拓さん(http://www.thm/ebelltree.co)に影響されて購入した海外ドラマ

 

当時のいきつけの英語学習サイトACE(http://www.thm/ebelltree.co

の鈴木拓さんの学習方法を丸パクリさせていただきましたね。

学生時代にはフレンズをDVDプレイヤーがぶっ壊れるくらいにリピートしたものです。

 

学生時代金がなかったので、リージョンフリーの改造DVDプレイヤーを

買って、それに北米版のAmazonから取り寄せた英語版の

エヴァンゲリオンやSerial Experiments Lainなんかを繰り返し見てました。

 

エヴァンゲリオンの新劇場版とLainは英語学習のために何度もリピートして

観てたらSAN値高くなって発狂しそうになりました。クトゥルフッ

 

 

まじめな話をすると、文法とか単語と違ってリスニング力は自分の能力を

客観的に図ることが難しい科目なのでけっこー挫折しがちなんですよね・・・。

 

こればっかりは仕方ないので、『時間を無駄にしてもいい覚悟』をもった上で、

好きな英語のドラマや映画を英語字幕で100時間くらい見ましょう。

単語の学習と並行して勉強すればTOEICのリスニングもできるようになります。

 

辞書

 

OXFORDの英英辞典を使ってましたwぶっちゃけ非効率wですので、

通常の英和辞典を買うことを推奨します。

※学生特有の意識の高さと思って笑ってください

 

片手だけで操作できるハンディータイプの電子辞書がお勧めですね。

現在小型PCタイプのが主流ですが、両手ふさがるのでおそらく

使わなくなること請け合いです。(体験者は語る)

PCで勉強するならWeblio(https://ejje.weblio.jp/)一択でしょう。

 

おわりに

 

上記はあくまでも10年以上前の学習方法です。過去のmixi読んでたら

英語学習の記事を見つけて懐かしくなって書きましたが、

 

改めて自分自身の学習方法を見つめなおすと、『どこが無駄だったのか』

とか『あの勉強方法は良かった』とか気づくことができますので、

 

もし私と同じように、さびついた自分自身の英語力を鍛えなおそうと

思われている方は過去の自分の学習教材を見つめなおすということを

お勧めします。

おまけ:2005年と2017年の英語力比較

 

 

無勉ではなく、わりかし最新の傾向にそって勉強したのに200

以上ダウンはさすがに凹みます( ;´Д`)

 

がんばろ・・・。