こんにちは東ゼロです。MOSって資格は知ってますか?

東ゼロがMOSという資格について簡単に説明したいと思います。

 

 

MOSってなんぞ?

Microsoft Office Specialistのことです。説明以上!

・・・。うそです(*‘∀‘)b

 

マイクロソフトのオフィス製品を体系的に習得できているか

を確認するための資格です。

一口にMOSっていってもけっこーな種類の資格があります。

 

・Word(文章管理のソフトの資格)

・Word  Expert(文章管理ソフトの上位資格)

・Excel (Excelの資格)

・Excel Expert(Excelの上位資格)

・PowerPoint (パワーポイントのソフト)

・Outlook (グループウェア/メーラーのソフト)

・アクセス(データベースのソフト)

 

合計で7つの種類の資格があり、それぞれ個別に受検することができます。

オフィスソフトのバージョン(2010/2013/2016)の3つのバージョンの

資格を受検できるので、自分が使っているオフィスソフトのバージョンを

見つつ受検することになります。

 

そんでもって更に”Word Expert”と”Excel Expert”と”PowerPoint”と

”Outlook”または”アクセス”の資格を取得すると『マイクロソフトオフィスマスター』

なる資格をGETできます(>_<)

※『マスター』って響きいいっすよね・・・。一度は女の子に言わせてみたい

 

 

どのくらいの人が受けている資格なの?

 

受験者数累計:390万人弱

 

以外に多いですね。比較までに説明すると2016年までのTOEICの受検者総数が

271万人とのことなので、MOSは思いのほか人気の資格ということが分かります。

横浜市の人口(370万人)とほぼイコールの人が受検していることになりますね。

 

資格取得者の地域別年代別データ

出典:MOSのウェブサイト

 

年齢でみると20~40までの受講者が全体の70%近くとボリュームゾーン

のようです。地域別でみると東京・大阪一強かな?って思ったんですが、

わりとバランスよく分布しているようです。

 

受けた後の人の評判はどんな感じ?

 

1.職種にかかわらず調査対象者の99%がMOSを取得することでマイクロソフトオフィスのスキル を大幅にアップさせた。

2.管理職の89%が:「MOSを取得した従業員はマイクロソフトオフィスのスキル がほかの従業員より高い」と回答

3.MOSを取得した従業員の82%が:「仕事の能力に対 する自信が強まった」と回答。

4.MOSを取得した従業員の88%が、「仕事の成果が上がった」と回答。

5.MOSを取得した従業員の83%が、「マイクロソフトオフィスの知識とスキル を頻繁に、または常に活用している」と回答。

6.管理職の85%が、「MOSを取得した従業員は、仕事の生産性が以前より高まった」と回答。

出典:MOSのウェブサイト

 

まぁ・・・。資格を取得する際に何らかの学習をすることになるので、当然

前向きな回答が多くなるのは予想の範疇ではありますが、思いのほか満足度は

高そうです。

 

東ゼロ的にもオフィス製品が使えると割と簡単な画像加工とかもできるし、

ピボット組めれば莫大な桁数のデータも処理できちゃうようになるんで、

取って損はない資格だと思っています。

 

どんな勉強をすればいいの?

 

富士通FOM(エフ・オー・エム)出版さんから出ている参考書に付属している

DVDの模擬テストを3~5回、短いスパンで回してください。

最初はほとんど分からないと思うので『答え』のボタンを押して操作の

やり方を覚えていけばいいと思います。

 

※アドセンスとアフィリエイトの付け方が分からないので…

画像に単純にリンクはっ付けただけです。はよ覚えないと(;´・ω・)

 

東ゼロの合否結果は?

 

6科目+α(IC3という資格)を合格しました!土日は家でひたすら模試の演習を

こなしまくってましたよ( ̄▽ ̄)

 

短期間でけっこーな数の模擬試験をこなす結果となりましたが、

逆に、〇ヵ月以内に『絶対に』合格する!っていうような目標を立てることで、

モチベーションは高まりました。『制約と誓約』の効果ですね(*‘∀‘)b

 

おわりに

 

ここまで辿りついてくれた方の多くはMOSの資格に関心をもち、具体的に

試験を受験しようと考えている方だと思います。周りから

『そんな資格取っても意味ない』、『オフィスなんて最低限の機能使えればおk』

 

 

そんな声が聞こえてきているのではないでしょうか?

 

 

そんな声は無視してください。確実に意味はありますから。

TOEIC受検した時も同じように『取っても意味ない』とか『時間の無駄』とか言う人がいて、

東ゼロは外野の声を真に受けて『900点以上を絶対取る』と心に決めていたのに心が

萎えて途中から一切語学の勉強をしなくってしまいました。

 

当時の写真です

 

『鉄は熱いうちに打て』と言いますが、今思えばあの時に自分を信じて勉強を続けて

いれば900点を獲得することも夢じゃなかったと思います。それが社会人になってから

ずっと怠けてたせいで、今やこのようなありさまです⇒『過去の日記

 

真面目に勉強しても頭に入ってきてくれないし、当時のモチベーションを

呼び起こすこともできない状況です。『固くなった鉄』に熱を入れるのは、

わりと大変です。もちろんそれでもやれないことはありませんが非効率です。

 

『おわりに』まで読み切ってくれた方なら絶対にやれると思います。

MOSの資格の勉強は実務に役立ちますし、何なら自己満足でもいいじゃないですか。

 

ホリエモンも『自信を持つためには小さな成功体験を積むことが重要』と言ってます。

外野がなんと言おうと自己満足に終わろうと、ゼロの自分に1でもいいから足して

いくという気持ちが重要だと思います。