ホリエモンのメルマガの中で胃がんの原因の99%のピロリ菌について

気になったニュースがあったのでピックアップです(・ω・)ノ

 

ピロリ菌 :東アジア強力 他地域より胃がん多い要因

胃の粘膜に感染して胃がんを引き起こす細菌「ヘリコバクター・ピロリ」(ピロリ菌)について、日本など東アジアに流行するピロリ菌が作る発がん物質の型を調べたところ、欧米などのピロリ菌よりも発がん性が高いとの研究結果を畠山昌則・東京大教授(感染腫瘍学)らの研究チームが20日、米科学誌電子版に発表した。日本など東アジアで胃がん発生率が高い要因とみられ、胃がん予防や早期治療法の開発への応用が期待される。

出典 毎日新聞

 

日本や韓国、中国のピロリ菌の発がん性が、他の地域と比べものにならないくらい

強力っていうのは正直驚きですよね!同じ菌でも凶暴性が全然違う訳ですからΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ニュースによると、この原因がアミノ酸残基という奴が原因であったそうです。

今後の研究次第では、がん予防のテクノロジーが進化するかもとのこと!

といっても分かりづらいので、この絵を見るとざっくりイメージつかめますよ(・ω・)ノ

 

 

 

東ゼロも治療を受けてきました!

 

東ゼロは、ホリエモンの『むだ死にしない技術』を読んでから、胃がんの原因の99%が

ピロリ菌と書いてあったので病院に行ったところピロリ菌がみつかったので、

サクッと治療しちゃいました(”ω”)

 

わずか5000円で胃がんの不安を消せるのなら安いもんです!

鼻から胃カメラは割りときついですが(=_=)

まぁ耐えれないというレベルではないっすよ!

麻酔もしてくれますしね。

 

ぶっちゃけ『ランサップ』っていう抗生物質のセットを7日間飲み続けるだけ

で治療できちゃうので、みなさんもサクッと病院いって検査&治療しちゃえば

いいと思います。検査&治療は同日中に受けられるのでお勧めですよ。

 

東ゼロは不安の芽は早いうちに摘んだ方がQOLがあがると思います!