こんにちわ!東ゼロ(@tozero_blog)です。

 

今回は管理人お勧めの名作ノベルゲーム・ギャルゲームを紹介します。

ちなみに今回は健全なコンシュマー満編w

のちほど、エロゲー編を書く予定です!( ̄▽ ̄)

 

※といっても…管理人ぶっちゃけエロゲのエロにはさほど関心ないので、

エロゲー編もストーリーメインのコメントになると思いますが・・・。

 

お勧め!名作ノベルゲーム・ギャルゲーム

 

1.ひぐらしのなく頃に

一口コメント:いやー…大いにはまりましたね!管理人は原作の

目明し編くらいの頃からプレイし始めたのですが、当時はひぐらし

のなく頃にのコミュニティーも活発でしたので、ネットのひぐらし仲間

と共に白川郷に泊りで遊びにいったりもしました。

飛騨牛串うまかったなぁ…泊まった民宿まだあるかな?

“You”は本当涙腺崩壊です。ぜひぜひお聴きください!(^^)!

 

 

2.シュタインズゲート(STEINS;GATE)

一口コメント:管理人は秋葉原好きなのですよ。どのくらい好きかというと

秋葉原と関わっていたかったので、秋葉原観光のNPOのメンバーとして

活動していた時期もあったくらいです。(管理人は多少英語使えるので)

ちなみに管理人は栗栖よりも、まゆしぃ派です。

あんなにけなげでいい子はそうそういないよ(´;ω;`)

天才ハカーのダル君とくっつけば良かったのにw

 

 

3.うみねこのなく頃に

基本的に竜騎士07のゲームは好きなのですが、例によって本作も私は好きです。

うみねこは六軒島という日本の架空の孤島での連続殺人事件を解き明かすというゲームです。

(実際は推理要素はそれほど重要じゃないんですが(^^;)

 

原作ラストが妙に胸がつっかる感じだったんですが、この辺りはのちに出た漫画版

では補完されていて管理人的には原作に対する評価がより一層高くなりました。

なので、原作派で腑に落ちなかった方はぜひ漫画の最終巻もあわせてお読みください!

 

 

4.カオスヘッド(CHAOS;HEAD)

一口コメント:渋谷が舞台です。主人公はかなり重度のオタクです。

ボイスのドモリ方がハンパないっす。名演技!

妄想を具現化する能力っていうのも斬新な設定だったな。

主人公の境遇もなかなかかわいそうなかんじでした。

「ふひひひひひひひ」をリアルでボイス化するとこーるんだなぁと分かった作品w

 

その目、誰の目<◎><◎>

 

 

5.学校であった怖い話

一口コメント:友達の家に泊まりにいった時に怖がりながらプレイしていました。

選択肢によって大幅にストーリーが変わるので、飽きずに楽しめます。

PSのリメイク版もプレイしたけど、管理人的にはスーファミ版の

荒い画面&音声のほうが不気味な感じが3割ましなので好きですね。

本作も音楽がとても印象的。ちなみに本作の原作の飯島多紀哉さんが作った同人の

「学校であった怖い話-アパシー」もプレイ済み。