東ゼロ(@tozero_blog)お勧めの隠れた名作ゲームについて

一口コメントを添えてまとめました。特にお勧めのゲームについては、

追って個別記事をまとめたいと思います。

 

本当は、セガサターン~PS4までの隠れた名作について書きたかったのですが、

ドリームキャストの隠れた名作だけで、とんでもない数になったため、

 

PS2/PS3/PS4/XBOX360等については、後編にてまとめます。

※下書き用のWord文章で既にA4にして四ページ分になっています(^^;

 

 

◆セガサターン

 

1.ナイツ with マルチコントローター

一口コメント:最初は操作が難しかったけど、慣れてくると空中を

浮遊している感覚が快適だった。続編なくて残念。

 

2.真・女神転生デビルサマナー ソウルハッカーズ

一口コメント:ハッキーな感じな世界観が格好良かった。

GUMPとかスプーキーとかいちいち言葉のセンスが高い作品

 

3.パンツァードラグーン アゼル

一口コメント:雰囲気の良い作品。ドラゴンの操作性もそれほど癖がなく楽しめる

 

 

 

◆Play Station

 

1.moon                                            開発元:ラブデリック

一口コメント:最初から最後まで世界観に引き込まれた傑作。

ちょっとダークなテイスト入っているのがいい感じです。

本作のMD(ムーンディスク)の音楽はたいていセンスが良い。

特にKERA-MA-GOは名曲!というか全ての曲がいい感じ。

Twitterで西健一さんに何度かコメントするも絶賛無視され中。

 

 

2.俺の屍を越えてゆけ開発元:Mars

一口コメント:いわゆる人間版のダビスタ。2年しか生きることができない

短命の呪いをかけられた一族の物語。世界観が独特。

黄川人(きつと)と、イツ花(いつか)のキャラが立っている。

黄川人とイツ花の兄弟あわせると“きつといつか”って泣けるよ。

テーマソングの”花”は名曲

 

3.リンダキューブアゲイン               開発元:Mars

一口コメント:リアル版のポケモン。世界観が独特。ダークなストーリーが良い。

1章のリンダのパパの狂人ぶりはトラウマ。2章のリンダの腕にはびびったのと

サチコなんか良いよね。3章はあまりにシビアすぎて

断念(バナナで滑って数年も意識不明って…(;^ω^)

 

 

番外編: LSD                                               開発元:アスミック・エース

一口コメント:お薬の方のLSDじゃないよ。ゲームですらない。だけど妙な中毒性のあるデジタルドラッグ。寺山修司のアングラ劇が好きな人ならばはまりそう。

 

 

◆ドリームキャスト

 

1.デスピリア[deSPIRIA] 開発元:アトラス

一口コメント:一言で言うなら怪作。主人公の装備が“人工線虫“で、更に鼻から吸引し、脳に寄生させ精神防壁を強化する思念防御デバイスにするって設定がやばい。装備するとき”ずるっ“みたいな妙な効果音があったし…。本当に名作だったのに精神的な続編とか、他社からのオマージュ作品が出なかったのはあまりにも悲しい・・・。以下ゲームイメージだけど伝わらなそうだけどご参考までに。

 

2.イルブリード 開発元:セガ

一口コメント;いわゆるおバカなホラーゲーム。バカバカしくもわりと

本気でビビらせてくる心臓に悪い作品。トイストーリーのオマージュの

トイハンターのミサイルのおもちゃポテドンといい、本当にこの頃の

セガは攻めていましたねー。怖いもの知らずw

 

3.L.O.L. 開発元:ラブデリック

一口コメント:ラブデリックと坂本龍一がコラボした作品。

生命の進化をテーマにしていることもあってノーテキスト。

音楽は坂本龍一なのでもちろんいい感じ

 

【番外編】

 

サクラ大戦3 開発元:セガ

一口コメント:とにかくオープニングのアニメーションが凄い!

思いで補正だろうなーっと思って、YouTubeで見直してきたけど、

今の時代でも通じるレベルで驚いた。当時よくこんな

3Dアニメーション作ったよなぁって感じ。

 

シェンムー 開発元:セガ

一口コメント:開発費70億円とか狂気の沙汰の作品。

ひたすら頭おかしい。横須賀のどぶ板でガチャポン集めたり、

一般人ストーキングして楽しんでいました。シェンムーの精神的な

続編の龍が如くとか、海外のGTAとかのモブキャラとは違って、

本当にモブキャラにも細かく行動パターンが設定されていて

ストーキングするだけで楽しめる作品でした。

クラウドファンディング使ってこれから第三章出すそうです。

 

北へ。 :レッド・エンタテインメント

一口コメント:とにかくテーマソングが異常な中毒性が

あってやばい本作。一時期は「北へーいこおらんららん♪」

が脳内でエンドレスリピートしていましたw女の子の絵柄も

独特のはかない感じの絵柄で良かった。ニンニクを食べる

前には牛乳を飲んだ方が良いということを本作から学んだ。

 

 

ルーマニア#203   開発元:セガ

一口コメント:一人の大学生?の兄ちゃんの室内をひたすら

盗み見るゲーム。なんか、ほっておくと電気のヒモ相手に

ボクシングをしだしたりしてほのぼのしました。

 

シーマン 開発元:セガ

一口コメント:私というよりも母親がはまった作品。

マイクデバイスで声をかけることによってコミュニケーション

が取れる作品。最後シーマンどこにいったんだろ?

 

戦国TURB  開発元:NECホームエレクトロニクス

一口コメント:おーいぇえすぅはぁん!

 

パワーストーン  開発元:カプコン

一口コメント:ゲーセンではまりましたね。ゲーセンにドリキャスの

コントローラーを持って行って遊んだ記憶。

管理人はジョイスティックの操作が苦手ですw

 

ジェットセットラジオ  開発元:セガ

一口コメント:トゥーンレンダリングが初めて採用された本作。

なんかスタイリッシュ。音楽良いよね。DCのインターネット

経由で同好の士が作ったグラフィティをダウンロードして使ってたなぁ。

 

機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…   開発元:バンダイ

一口コメント:ジムが主役のゲーム。

ビームライフルがいかに恐ろしい兵器か理解できる。

 

魔剣X    開発元:アトラス

一口コメント:FPSとRPG要素を兼ね備えた本作。デザインが

女神転生の金子さんと、挑戦的な本作。3D酔いしながら

頑張ってクリアしました。当時としては近接攻撃主体のFPS作品は珍しかったはず。

 

エターナルアルカディア 開発元:セガ

一口コメント:王道の冒険RPG。単純に面白かった。

ダウンロード武器とか新しい試みもありましたね

 

クレイジータクシー 開発元:セガ

一口コメント:アメリカの街中をとにかくタクシーで暴走するゲーム。

音楽のセンスも良い。

 

ルーンジェイド 開発元:ハドソン

一口コメント:初めてのネトゲ。テレホーダイ使って

徹夜で遊んでいました。当時の荒らしの方、街に私が

置いていったレア武器とレア防具を返して下さい(´;ω;`)

 

レンタヒーロー 開発元:セガ

一口コメント:スパイクアウトの技術を流用していると思われる本作。

当時ゲーセンでよくスパイクアウトで遊んでいたので慣れ親しんだ

操作性で大いにはまった。マイクロソフトならぬマックロソフトは笑ったなぁw

 

集まれ!ぐるぐる温泉 開発元:セガ

一口コメント:テレホーダイで徹夜で遊んだ。チューチューロケット

とかも遊んだなぁ。オンラインでカードゲームとかできるのは当時は画期的でしたね。

 

ソニックアドベンチャー    ACT 開発元:セガ

一口コメント:ビジュアルメモリで“ちゃお”育てるのにはまったなぁ!

よく電池切れてピーピー煩かったけど。“ちゃお”=”CHAOS(カオス)

”はなるほどなーって思った。

後編はこちら⇒ https://tozero.blog/2017/09/16/管理人おすすめ!隠れた名作ゲーム【ps2ps3ps4】(後編/