前回の考察の続きです。前回のS.P.E.C.I.A.L.の考察はこちら↓

https://tozero.blog/2017/09/15/falloutのs-p-e-c-i-a-l-とperkを可視化できたら・・・【s-p-e-c-i-a-l-考察編/

 

S.P.E.C.I.A.L.が生来の生まれ持った能力とすると、

PERKSはざっくり言うと、後天的に習得した能力を意味します。

 

たとえば、TOEIC 900点以上達成、教員免許取得、プロボクサーライセンスを獲得、

といったように、後天的な本人の努力で習得した能力のことを意味します。

 

このPERKSが現実世界でも把握できるようになれば、

常に自身の能力と達成までに必要な努力量を客観的に把握することができるので、

例えばプロボクサーになるためには、あと○○回のシャドーボクシングが必要であるとか、

プロの通訳案内士になるためには、あと○○時間英語を勉強しなければいけないか、

 

具体的に把握できるので、「いつまで頑張れば良いんだ…。」

と思い悩む必要がないので、モチベーションを維持することが容易になります。

 

以下はざっくりとしたイメージですが、どっかのベンチャー起業が

ジョークグッズとして、以下のように自分の能力を客観的に自身の能力を

把握するためのツールを作ってくれたら楽しそうな気がします。

多少偏見や偏りがあっても良いと思います。

 

 

具体的な自身の能力の証明は、習得した資格(大学の卒業証明書、調理師免許資格、TOEICのスコアシート)

を写メでそのベンチャー企業(仮)に送り、企業側は従業員がその写メを目検で確認して、

その結果に基づいて、本人の能力を証明する証明書(あくまでジョークグッズ)、キーホルダー

なりを作るというのはどうでしょう?

 

これが流行れば友達に自慢できるので、学習や運動に対してのモチベーションが

高まりそうですし、あくまでも”ジョークグッズ”という体なので、インスタグラム

とかでの自慢とかもしやすいし楽しそう。何より私が欲しいw

 

スキルツリーだとキーホルダー化しずらそうなので、FF10のスフィア盤を

キーホルダーにしてみました。こんな感じのなら欲しいなぁ!
◆スキルツリーキーホルダー(仮)のイメージ図

 

最近は3Dプリンターとかも安価になってきたし誰かやってくれんかなぁ。