今後ブログに書評などもあげていきたいと思っているので、

過去の読んだ本をいったん棚卸するためにKindle for PCをダウンロードしました。

 

そしたら思った以上に書籍を購入していたことに気づいて驚きました。

508冊の書籍を家に置くとなると書斎でも持たない限り到底実現不可能ですが、

今やパッドやパソコンがあれば、本棚なんて必要ないんですね。
Blog素材
大学の頃には本棚を岩波文庫の本で埋めることを趣味にしていた時期があったのですが(暗い趣味です…)

就職で東京に越してくるタイミングで引越し先で邪魔にならないように全ての書籍を断捨離しました。

 

もしKindleで購入していたら、当時購入した岩波文庫の書籍も無駄にすることはなかったし、

Kindleの背表紙をみて読んだ本のストーリーを思い出して「あの時こんな本読んでたんだなー」とか

 懐かしむこともできていたかもしれないと思うと、なんだかもったいないことしたなーと

言う気もしますね。いまだに書籍というと紙で買うことが多いのですが、

できるだけ長く手元に置いていきたい書籍はKindleで揃えようかなーとか考えています。